FC2ブログ
2019/11/11

2019年11月7日(木曜日)

夜が明けるのがだいぶ遅くなり、神湊を出航する時間も午前6時半と遅くなりました。

小生が参加しなかった先週の土曜日の釣りでは、石鯛どころかカワハギも何も釣れないという悲惨な釣果だったことを人伝に聞いて、今回の釣りにも一抹の不安を抱えた小生であります。
結局、せめてカワハギ1枚でも釣れればいいと覚悟を決めての釣り行きとなりました。

DSCN8074.jpg

DSCN8077.jpg

DSCN8078.jpg

DSCN8079.jpg

DSCN8080.jpg

DSCN8081.jpg

DSCN8082.jpg

DSCN8083.jpg

DSCN8084.jpg

DSCN8086.jpg

石鯛釣りのポイントに到着して釣り始めましたが、まったく反応がありません。
釣り竿の先に付けた餌もそのままに、もしかして玄界灘の海の魚たちは空っぽになってしまったのだろうかと妄想が頭を駆け巡ります。

それでも次のポイントでは強烈な引きがあり、大きな石鯛を釣り上げようと頑張ったのですが、惜しくも外れてしまい地団駄踏んだ小生でありました。
その後にも強く引く魚が掛かり、今度こそはと上げた途端、ココダイの姿が浮上、てっきり石鯛と思っていた小生がガックリきたのは言うまでもありません。

正午ころ、船長が以前に良く石鯛が釣れていたというポイントに向かいました。
そこで釣り始めると、すぐに本カワハギが釣れ始め、石鯛もアタリ始めると、最終的に船全体で3枚の釣果を上げることができました。
そのうちの1枚(1.5キロ)は小生が釣り上げましたよ!
IMG_3219.jpg
こちらがココダイです。
IMG_3221.jpg

IMG_3222.jpg

最後に、もう一度ポイントを移動しましたが、アタリはありませんでした。
結局、石鯛は一ヶ所のポイントで釣れただけであります。

これから寒くなってくると魚が釣れだすこともあると思うのですが、あまりの釣果の少なさに、今後が心配な釣り仲間たちであります。
2019/10/30

2019年10月26日(土曜日)

前回の夜釣りから早3ヶ月が経過!
釣りへの想いが募る毎日でした。

そして、いよいよ今シーズン初めての石鯛釣りであります。
午前3時半に起床、神湊から午前5時に出航しました。
本日の釣り人は6名です。

DSCN8065.jpg

DSCN8068.jpg

DSCN8069.jpg

DSCN8070.jpg

DSCN8071.jpg

DSCN8072.jpg

DSCN8073.jpg


約30分で石鯛釣りのポイントに到着!
ポイントを5~6回移動したのですが、なかなか釣れず、午前中は石鯛の釣果は無く、釣れるのはウマズラハギばかりでありました。

それでも午後1時くらいに行ったポイントで、やっとポツポツ石鯛が釣れ始めました。
ただ良く釣れているのは右舷の真ん中の面々だけで、一番後ろにいた小生には全く反応がありません。
結局、石鯛をゲットしたのは2名が1枚づつ、あとは船長らが12枚ほどでした。
もちろん小生の石鯛の釣果はゼロであります。
帰りがけに船長から石鯛を2枚頂戴して、やっと家族に面目を保つことができました。

石鯛もアコウもいただいたものですが、並べてみると豪華ですね!
小さなイサキは小生が釣り上げました。
IMG_3163.jpg

これが釣り上げたウマズラハギ!
IMG_3164.jpg

仲良く並んでいるのが同じく釣り上げた本カワハギであります。
IMG_3165.jpg

久しぶりに味わった石鯛の刺身の美味さに感動した小生であります。
2019/07/29

2019年7月25日(木曜日)~26日(金曜日)

釣り人4名を乗せた船は、午後4時半に神湊を出航して、約1時間半で大物釣りのポイントに到着しました。

DSCN8048.jpg

DSCN8049.jpg

DSCN8050.jpg

DSCN8051.jpg

DSCN8052.jpg

DSCN8053.jpg

DSCN8054.jpg

DSCN8055.jpg

DSCN8056.jpg

DSCN8057.jpg

DSCN8059.jpg

しかし餌にするイカの魚影が見当たらず、ポイントを移動!
沖ノ島から小呂島(おろろしま)の方角に20分ほど行った3回目のポイントで、ようやく錨(いかり)を打つことが出来ました。


暗くなるのを待って、午後7時半に集魚灯を点灯し、イカ釣りを開始です。
DSCN8061.jpg

DSCN8062.jpg

イカは小生以外、皆まんべんなく釣れていた様子でした。


午後11時半、いよいよ大物釣り開始です。
小生、夜中12時に5キロのヒラマサをゲット!
そして朝4時位に、やはり5キロの真鯛を釣り上げることが出来ました。

大人のサンダルと比較すると、魚の大きさが分かります!
IMG_2894.jpg

IMG_2895.jpg


朝5時過ぎに納竿!
帰港する船から美しい日の出を拝んだ小生であります。
DSCN8063.jpg

DSCN8064.jpg

大物には満足でしたが、イカ釣りに関してはどうも不満が残ります。
イカ釣りの道具が悪いのか、はたまた釣り方が悪いのか、他の人の半分しか釣果を上げられない小生!
特に60㎝を超えるようなパラソル級と称されイカは、たったの1枚しか釣ることが出来ませんでした。
今後の課題といたします。
2019/07/19

2019年7月18日(木曜日)

まだイサキが釣れているという情報で、神湊を午前4時半に出航しました。

DSC_0169.jpg

DSC_0172.jpg

DSC_0173.jpg

DSC_0174.jpg

DSC_0175.jpg

約30分で、イサキ釣りのポイントに着いて、すぐに流し釣り開始です。
一緒に船に乗った釣り仲間は皆、15枚から20枚の形の良いイサキを釣り上げているのに、小生は何とたったの4枚!
それも500グラム前後の小さなイサキばかりです。

前回のイサキ釣りでは、まあまあ釣れていたのに、何故こんなにも釣れないのか不明であります。

甲板ではイサキの神経締めの真っ最中!
DSC_0176.jpg

その後、天気予報が当たって午前9時過ぎくらいからバケツをひっくり返したような土砂降りになり、海も荒れてきたので、午前10時に納竿となりました。
もちろんカッパを着ていたのですが、下着まですっかりビショ濡れになった小生であります。
2019/07/17

2019年6月29日(土曜日)

朝3時に起床。
宗像市の神湊に午前4時に到着、船は午前4時半に出航しました。

DSCN8029.jpg

DSCN8030.jpg

DSCN8031.jpg

DSCN8032.jpg

DSCN8033.jpg

DSCN8034.jpg

約30分でイサキ釣りのポイントに到着すると、さっそく釣り開始です。
付けエサはオキアミを使用、竿をシャクってコマセを出してイサキを誘い、潮の流れに任せて3本の針で釣り上げます。

今回はポイントを3~4回 移動したのですが、どこでもソコソコ釣れましたね!
特に大きなイサキは上がりませんでしたが、500グラム~800グラムのイサキを28枚釣り上げました。
しかし小生以外は、その倍のイサキを釣り上げており、正に大漁であります。

DSCN8035.jpg

DSCN8036.jpg

昼12時前には納竿となりました。
あまりにも釣れたので、小生は10枚ほどを持ち帰ったのですが、脂がのっており本当に美味しかったですよ!

イサキをこんなに沢山釣ったのは久しぶりでした。
誘いがあったら、また直ぐにでもイサキ釣りに行きたい小生であります。

プロフィール

2013年4月5日からの

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

リンク

テンプレート