FC2ブログ
2019/07/29

2019年7月25日(木曜日)~26日(金曜日)

釣り人4名を乗せた船は、午後4時半に神湊を出航して、約1時間半で大物釣りのポイントに到着しました。

DSCN8048.jpg

DSCN8049.jpg

DSCN8050.jpg

DSCN8051.jpg

DSCN8052.jpg

DSCN8053.jpg

DSCN8054.jpg

DSCN8055.jpg

DSCN8056.jpg

DSCN8057.jpg

DSCN8059.jpg

しかし餌にするイカの魚影が見当たらず、ポイントを移動!
沖ノ島から小呂島(おろろしま)の方角に20分ほど行った3回目のポイントで、ようやく錨(いかり)を打つことが出来ました。


暗くなるのを待って、午後7時半に集魚灯を点灯し、イカ釣りを開始です。
DSCN8061.jpg

DSCN8062.jpg

イカは小生以外、皆まんべんなく釣れていた様子でした。


午後11時半、いよいよ大物釣り開始です。
小生、夜中12時に5キロのヒラマサをゲット!
そして朝4時位に、やはり5キロの真鯛を釣り上げることが出来ました。

大人のサンダルと比較すると、魚の大きさが分かります!
IMG_2894.jpg

IMG_2895.jpg


朝5時過ぎに納竿!
帰港する船から美しい日の出を拝んだ小生であります。
DSCN8063.jpg

DSCN8064.jpg

大物には満足でしたが、イカ釣りに関してはどうも不満が残ります。
イカ釣りの道具が悪いのか、はたまた釣り方が悪いのか、他の人の半分しか釣果を上げられない小生!
特に60㎝を超えるようなパラソル級と称されイカは、たったの1枚しか釣ることが出来ませんでした。
今後の課題といたします。
2019/07/19

2019年7月18日(木曜日)

まだイサキが釣れているという情報で、神湊を午前4時半に出航しました。

DSC_0169.jpg

DSC_0172.jpg

DSC_0173.jpg

DSC_0174.jpg

DSC_0175.jpg

約30分で、イサキ釣りのポイントに着いて、すぐに流し釣り開始です。
一緒に船に乗った釣り仲間は皆、15枚から20枚の形の良いイサキを釣り上げているのに、小生は何とたったの4枚!
それも500グラム前後の小さなイサキばかりです。

前回のイサキ釣りでは、まあまあ釣れていたのに、何故こんなにも釣れないのか不明であります。

甲板ではイサキの神経締めの真っ最中!
DSC_0176.jpg

その後、天気予報が当たって午前9時過ぎくらいからバケツをひっくり返したような土砂降りになり、海も荒れてきたので、午前10時に納竿となりました。
もちろんカッパを着ていたのですが、下着まですっかりビショ濡れになった小生であります。
2019/07/17

2019年6月29日(土曜日)

朝3時に起床。
宗像市の神湊に午前4時に到着、船は午前4時半に出航しました。

DSCN8029.jpg

DSCN8030.jpg

DSCN8031.jpg

DSCN8032.jpg

DSCN8033.jpg

DSCN8034.jpg

約30分でイサキ釣りのポイントに到着すると、さっそく釣り開始です。
付けエサはオキアミを使用、竿をシャクってコマセを出してイサキを誘い、潮の流れに任せて3本の針で釣り上げます。

今回はポイントを3~4回 移動したのですが、どこでもソコソコ釣れましたね!
特に大きなイサキは上がりませんでしたが、500グラム~800グラムのイサキを28枚釣り上げました。
しかし小生以外は、その倍のイサキを釣り上げており、正に大漁であります。

DSCN8035.jpg

DSCN8036.jpg

昼12時前には納竿となりました。
あまりにも釣れたので、小生は10枚ほどを持ち帰ったのですが、脂がのっており本当に美味しかったですよ!

イサキをこんなに沢山釣ったのは久しぶりでした。
誘いがあったら、また直ぐにでもイサキ釣りに行きたい小生であります。
2019/06/25

2019年6月20日(木曜日)~21日(金曜日)

今年初めての夜釣りであります。
イカがぼちぼち釣れているのと、今年は真鯛の釣果が高いと聞いていたので、そろそろ夜通しで釣る夜釣りのシーズンが到来したのだなと夏が巡ってきたことを実感した小生です。

昼下がりの午後4時に神湊を出航しました。
DSCN7995.jpg

DSCN7996.jpg

DSCN7997.jpg

DSCN8000.jpg

釣りのポイントには午後5時に到着後、夜7時半の集魚灯の点灯までの間を使って、せっせとイカと大物釣りの仕掛けを作りました。
DSCN8001.jpg

DSCN8003.jpg

DSCN8005.jpg

集魚灯が点灯すると、まず餌にするイカを釣り始めたのですが、午後10時になった時点でイカがたった1枚しか釣れないではありませんか!
きっと潮の流れが速かったのでしょう。
その後、午後11時過ぎ頃からイカがアタリはじめました。
イカの釣果は20枚ほどであります。
そして、ようやく夜中12時から大物の釣りを開始しました。

大物を釣り始めてからすぐに3キロの真鯛、その1時間後に8キロのヒラマサ、また1時間後に7キロのブリを上げることができた小生であります。

それからは全くアタリがなくなり、午前5時に納竿!

DSCN8007.jpg

これがヒラマサ!
DSCN8008.jpg

真ん中の見事な大鯛は、船長が釣り上げた9キロの大物です。
DSCN8009.jpg

今シーズン初めての大物釣り、波もなく、大物もほどほどに釣れたので、我ながら非常に楽しい釣りとなりました。
ただ、ものすごい蛾の大群が体にバンバンぶつかってくるのに閉口しましたね!
また惜しむらくは、小生の大事な大物釣り用の竿とリールが海の藻屑と消えてしまった事であります。泣!
2019/06/03

2019年6月1日(土曜日)

きょうは今シーズン初めてのイサキ釣りであります。
早く出航して、早く納竿しようと、午前4時過ぎに神湊を出航しました。
本日の釣り人は4名です。

DSCN7916.jpg

DSCN7918.jpg

DSCN7920.jpg


30分ほどかけてイサキ釣りのポイントに到着です。
もう既に2隻の遊漁船がイサキ釣りを開始していましたね!

そのポイントでは皆、500グラムから800グラムのイサキを5~6枚上げていたようです。
しかし小生は3枚のイサキをゲットしたのみであります。
その後、何回かポイントを変えて釣りましたがイサキのアタリがなくなりました。

仕方なくレンコ鯛釣りに行くことに!
レンコ鯛は今がシーズン真っ只中のせいか、まあまあ釣れましたね!

<本日の釣果>
イサキ 50グラムから800グラム 3枚
レンコ鯛     7枚
ウマズラハギ  1枚
アコウ 700グラム 1枚
石鯛 700グラム 1枚

午後1時30分、納竿となりました。

自宅で捌いた魚たちであります。
DSCN7921.jpg

DSCN7922.jpg

DSCN7924.jpg

初めてのイサキ釣りは芳しくありませんでしたが、外道はまあまあの数を上げることができました。
しかし、イサキの釣れない理由が不明なのが納得できない小生であります。
これからしばらくはイサキ釣りに情熱を注ごうと、気持ちを新たにした小生であります。

プロフィール

2013年4月5日からの

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

リンク

テンプレート