FC2ブログ
2013/05/08

2013年5月5日(日曜日)

桜の季節が過ぎ、我が家はツツジが満開になりました。
CIMG2268.jpg

鮮やかですね!
CIMG2272.jpg

塀伝いに緑の枝を広げ、真っ赤な実を付けているのはサクランボ。
去年は、ほとんど生らなかったサクランボでしたが、今年は大豊作です。
CIMG2305.jpg

毎年、サクランボの収穫を家族全員が楽しみにしています。
CIMG2306.jpg

ルビーのような赤い実、何とも美しい!
CIMG2308.jpg

階段に、こんな珍客もお目見えです。
CIMG2310.jpg



そんな良く晴れた「こどもの日」の釣りであります。


先日、Uさんが5キロの石鯛を釣り上げたという情報を聞いて、俄然、石鯛釣りに行く意欲を駆り立てられた小生であります。


小生と同じように聞きつけた釣り仲間が7名も集まって、軍艦マーチでも鳴らすような勢いで神湊を出航しました。

CIMG2311.jpg

CIMG2313.jpg

CIMG2314.jpg


約30分で石鯛釣りのポイントに到着です。
波は穏やか、潮の流れもあまりなく、70号の錘で十分、絶好の釣り日和。

これは絶対に釣れるぞ!と皆が思っていたはずでありました。

ところが、20分経っても30分経っても誰ひとりとして釣り上げた気配がありません。
餌を取られた釣り人さえも皆無であります。

1回目のポイントは5キロの石鯛を釣り上げた場所ではなかったので、2回目に期待のポイントに向かいました。

あにはからんや、そこでもアタリがありません。
アラカブがぽつぽつ釣れるのみであります。

その後、3回目、4回目とポイントを移動しましたが、全く反応がないのであります。




そうこうしているうちに、潮の流れも速くなり、これではお土産にもならないということで、沖ノ島の方向にある連子鯛釣りのポイントに移動しました。

連子鯛のポイントでも、3~4回、移動を繰り返しました。

小生は、30センチほどの大きな連子鯛3枚をはじめ、全部で12枚ほどの連子鯛を釣り上げました。



潮が治まってくると、石鯛を諦めきれない面々。
もう一度、石鯛釣りのポイントに戻って石鯛釣り開始です。

しかし、相変わらずアタリはありません。



突然、Nさんに強烈なアタリがありました。
本日初めての丸々と太った2キロの石鯛をゲット!です。

CIMG2316.jpg

生き締めにしているのが、本日唯一の石鯛。
CIMG2317.jpg


それから皆、今度は自分が釣り上げる番だと期待して待ちましたが、アタリはありませんでした。
30分ほど頑張りましたが、全くダメでした。

餌も無くなったので、午後1時頃、納竿。
Nさんにきた2キロの石鯛のほかは、皆ボウズという結果でありました。



<本日の釣果>
連子鯛 12枚
アラカブ 8枚
小さなアオナ 1枚

P1080616.jpg

P1080618.jpg

P1080620.jpg

P1080622.jpg



小さなアオナを捌いてもらい、大和寿司さん特製のちり酢でいただきます。
思いのほか旨い魚でした。ちり酢がいいのかもしれません。
P1080626.jpg


P1080627.jpg


旨い旨いと褒めたら、もう一品作ってくれました。
連呼鯛の蒸し物です。
P1080629.jpg

P1080630.jpg

P1080631.jpg

P1080632.jpg
蒸し上がった連呼鯛にレモンをギュッと絞っていただきました。
連呼鯛は身の柔らかい魚ですが、蒸したては、そのほわっとした口当たりが最高です!
美味しさに箸が進んで、ペロッと平らげた小生であります。
P1080633.jpg

簡単ですので、刺身に飽きた人はぜひ蒸して食べてみてください。
お薦めです。


プロフィール

2013年4月5日からの

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

リンク

テンプレート