FC2ブログ
2012/07/31

2012年7月26日(木曜日)~27日(金曜日)

再び、大物狙いです!


夕方5時に神湊を出航。
まず初めに1時間くらいイサキを釣ろうということで、40分ほどかけてイサキのポイントに行きました。

イサキは擬餌針5本の道具で釣るのですが、一緒に乗船したNさんは撒き餌や釣り餌を準備してきていたので、イサキ2枚とウマズラハギを1枚釣り上げていましたね。

小生にもアタリがあったのですが、結局バラしてしまいました。




その後、大物釣りの本命ポイントに1時間ほどかけて移動、夜7時半くらいにポイントに到着しました。まずは、大物釣り用の餌になるイカを釣り始めましたが、イカはやはり照明をつけないと釣れないのか、明るいうちは全く釣れません。

あたりが真っ暗になって照明が灯った午後8時半頃から釣れ始めました。
これがイカ釣り用のスッテと呼ばれる釣り具です。
P1050193.jpg

この日は多いときは5本のスッテのうち4~5本にイカが掛かってくるという入れ食い状態が続きました。
下ろすと必ずイカが付いており、1枚しか付いていないと「なんだ!たった1枚か!」と不満の声が漏れるほどです。



夜11時頃になって、2本のリールのうち1本を大物釣り用に替えて、イカ釣りと大物釣りを始めました。

30分くらい経った頃でしょうか!
突如、大物の竿が曲がったのでリールの前に移動し釣り上げたところ、前回よりかなり大きい7~8キロのオスの真鯛を仕留めることができました。

真夜中、午前1時くらいには6キロのブリがきました。

夜中の過ぎから朝方までが一番釣れる時間帯なのですが、釣り仲間のUさんにアクシデントが発生!
Uさんがヒラマサを釣り上げているときに下方に掛かったヒラマサが急に走りだし、上方に付けた釣り針が右手の薬指に突き刺さってしまったのです。
CIMG1587.jpg

CIMG15888.jpg
釣り針がなかなか取れず、本人は大丈夫と言うのですが、周りにいる人間は、その痛々しさに納竿を決定。
夜中2時前に釣りを止めて船は帰路につきました。

帰る直前に、船長が魚探にヒラマサの反応が色濃く出ていると言っていたので、いつもより早く納竿したことがチョッピリ残念な小生ではありましたが、大物とイカが釣れたので満足な釣りになりました。





クーラーボックスを開けたところです。
P1050208.jpg

P1050213.jpg

オスの真鯛、立派な面構えです。
P1050214.jpg


こうやって抱えてみると真鯛の大きさが分かりますね!
P105021000.jpg


思わず笑みがこぼれます。
P105021111.jpg







この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

プロフィール

2013年4月5日からの

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

リンク

テンプレート