FC2ブログ
2015/04/22

2015年4月18日(土曜日)

船長から土曜日に団体客が入ったので釣り客が多くてねーと連絡があり、今回の釣りは見合わせたらどうかという感じがしたのですが、竿さえ出せれば満足なので何処のポジションでもいいからと乗船したい意志を伝えた小生であります。

当日、神湊に着いて船を確認するとトモ(船の後方)は人だかりができており空きがありません。
結局、釣果もあまり聞いたことがない小生も初めての左舷の前方のポジションで釣ることになった小生であります。


天候は晴れ。
大潮で、波は1メートルから1.5メートル。
神湊を午前6時前に出航です。
CIMG5137.jpg

CIMG5138.jpg

CIMG5139.jpg

CIMG5140.jpg

CIMG5141.jpg

CIMG5142.jpg

CIMG5143.jpg


途中、筑前大島に寄り燃料補給をして石鯛釣りのポイントに向かいます。
最初のポイントには約20分で到着。

大潮なのに流れはそんなに速くなかったですね!
それでも鉛(ナマリ)は100グラムから120グラムを使用しました。
普通、流れが速いと120グラムの鉛であっても釣りはできません。
きょうは潮止まりの影響か、70グラムの軽めの鉛でも釣りをすることができました。


小生、そこで2キロと1.5キロの2枚の石鯛をゲット!
トモの人達がどのくらい釣れているのか全く分からないまま釣りのポイントを4~5回移動。
餌にするエビが足りなくなったため、いつもなら遠征する連子鯛釣りも取り止めて午後1時30分に納竿となりました。


小生の釣果は先ほどの石鯛2枚と500グラムの石鯛2枚の計4枚です。
石鯛のシーズンも終わりかと思っていた小生には海からのご褒美でありました。

ほかにも30センチはある かなり大きめのアラカブを釣ったのですが、その時の状況が初め5センチくらいの小さなアラカブが針に掛かり、その小さなアラカブに大きなアラカブが食いつくという云わば共食いの結果でありまして、釣り上げた大きなアラカブの口の中には小さなアラカブがしっかり入っておりましたよ。(笑)

アラカブは全部で6枚ほど釣りましたが、大きなもの2枚だけを持ち帰りました。



今回は釣った魚を小生が捌いたのですが、2時間もかかりとても大変でした。
CIMG5145.jpg

大きすぎて餌にできなかったエビ達です。
なかなか立派でしょう。
CIMG5146.jpg

CIMG5147.jpg

CIMG5148.jpg

やはりいつも魚を捌いてくれる大和寿司さんのありがたみを実感した小生であります。


写真はありませんが、アラカブと石鯛のコラボレーションによる海鮮丼が絶品でした。
海鮮丼の上に散らした海苔と醤油漬けにした魚の旨味がたまりません。
特にあの大きなアラカブの身はコリコリして非常に美味!
アラカブのおいしさを再認識した小生でありました。

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

プロフィール

2013年4月5日からの

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

リンク

テンプレート