2015/07/16

2015年7月14日(火曜日)

神湊を午前5時半に出航。
きょうは船長と二人だけのイサキ釣りであります。

CIMG5335.jpg

CIMG5339.jpg


CIMG5344.jpg

遠くに玄海大島の二俣瀬の集落が見えています。
島の裏側なので、この景色は船からしか臨めません。
CIMG5345.jpg

CIMG5340.jpg

CIMG5349.jpg

CIMG5350.jpg

CIMG5352.jpg



イサキ釣りのポイントに到着して釣り始めると、船長は最初から大きなイサキをガバガバと釣り上げているではありませんか!


そんな船長を横目で見ながら小生はというと、電動リールが故障してしまい新品の電動リールを取り出すも、使い方が分からずにアタフタするばかり!
CIMG5356.jpg

CIMG5357.jpg

CIMG5358.jpg


しかたなく船長から借りた電動リールを使うことにしましたが、すでに釣る意欲が半減しており結局 小さいイサキを3枚しか釣ることができませんでした。
CIMG5359.jpg

CIMG5360.jpg


アタリはあったのですが来る魚は すべてウマズラハギばかりで、気がつけばウマズラハギの数は10枚を超えています。
これがイサキだったらと思うとガッカリするやら悔しいやらで 自己嫌悪に陥るばかり。

どうして自分はこんなに下手のだろうと落ち込んでいると、使っているイサキ釣り用の竿が柔らかすぎるようだから石鯛釣りの竿を使ったらいいと船長からのアドバイス。

船長の言葉に勇気づけられた小生、次は石鯛釣り用の固めの竿でイサキをガバガバ釣ってやろうと密かに決意したのでありました。

クーラーボックスはウマズラハギがいっぱいです。
P1020713.jpg

たくさんのイサキですが、ほとんどは船長からのいただきものであります。(冷汗)
P1020717.jpg

もし、すべてが小生が釣ったイサキなら鼻高々なのですが …
P1020718.jpg


残念ながら玄海灘のイサキ釣りはそろそろ終盤を迎えています。
きょうの釣りがたとえメタメタでも シーズンが終わってしまう前にもう一度イサキ釣りへの挑戦を心に誓う小生でありました。

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

プロフィール

2013年4月5日からの

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

リンク

テンプレート