2015/10/28

2015年10月23日(金曜日)~24日(土曜日)

再び、夜釣り決行であります。
午後3時過ぎに神湊を出航し、午後5時にポイントに到着しました。

CIMG5635.jpg

CIMG5637.jpg

CIMG5638.jpg

ポイントには着き、3回ほど場所を移動しても魚群探知機による反応がありません。
しかたなく西方にある小呂島に向かった別のポイントに移動しました。

CIMG5639.jpg

CIMG5641.jpg

CIMG5644.jpg

CIMG5651.jpg

CIMG5650.jpg

沈みゆく赤く大きな太陽を背に釣り船のシルエットが美しい!
CIMG5654.jpg


最終的には午後5時半にイカリを下ろしましたね!
午後5時半というと辺りはもう薄暗い状態です。
皆、仕掛けを設置して早速イカを釣り始めました。

CIMG5655.jpg

CIMG5658.jpg


今回の小生のポジションは、トモの右舷であります。
反対の左舷で釣り始めたNさんは、一投目から3枚のブドウイカを釣り上げ、30分もしないうちに20枚ものブドウイカを釣り上げる快挙ぶりです。
Nさん、順調に午後7時過ぎからは大物釣りも開始していましたね。


小生もイカ釣りは絶好調!
1時間でブドウイカを20枚ほど釣り上げ、午後9時頃から大物釣りを開始しました。

しかし釣り始めるも全くアタリがありません。
普通は30号で作る大物釣りの仕掛けを、柔らかいナイロンの40号の糸で作って使ったのですが、午前5時まで全くアタリなしの状態が続きました。


それでも午前5時過ぎに初めて待望のアタリがあり、電動リールを駆使して6キロのヒラマサを釣り上げることができました。

それから30分くらいしてから、今度は4キロ位のピンク色が美しい雌の真鯛を釣りあがることができました。


そして午前6時半、辺りがすっかり明るくなった頃、納竿となりました。


今回の大物釣りでは、アタリが2回しかなかったのに 2回とも釣り上げることが出来て本当にラッキーでありました。
今まで大きなアタリがあっても5回のうち4回は糸を切られて逃げられており、10キロ以上の魚は上げるのが難しいと観念していたのですが、今回程度の大物釣りに関しては釣り方を会得した感があり、もし今シーズン中にもう一度、大物釣りの機会を得たなら10キロ超えの大物も狙いたいと願う小生であります。

更に、久しぶりに釣り仲間から魚をもらわずに帰ったのも嬉しいことのひとつでありました。
今シーズンの大物釣りで、一番充実した釣りとなったことに感謝であります。


いつも魚を捌いてもらう大和寿司さんの庭先にて。
P1030247_201510281431423b6.jpg

力士の優勝のときの祝い鯛のように美しい櫻色が輝いています。
P1030249_201510281431437c4.jpg

ヒラマサと真鯛。
P1030253.jpg

P1030257.jpg

P1030252.jpg

大きなヒラマサを捌く大和寿司さん。
P1030259.jpg

白い身が真鯛、赤身がかったのがヒラマサの身です。
P1030263.jpg

差し上げた皆さんが喜ぶ ブドウイカ、釣りがいがあります。
P1030256.jpg

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

プロフィール

2013年4月5日からの

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

リンク

テンプレート