FC2ブログ
2015/12/03

2015年12月2日(水曜日)

11月30日に石鯛釣りに行きましたが、なぜか小生だけが釣れなかったので一日置いた本日、リベンジの石鯛釣りとなりました。


30日に眺めた倉ノ瀬です。
夏は普通の岩肌に戻っていましたが、渡り鳥の海鵜が戻ってきているのでしょう。
岩肌が海鵜の糞で化粧をしたように白くなっています。
これからもっと白くなっていく変化を楽しみにしている小生であります。
CIMG5735.jpg



12月2日、自宅を午前4時半に出発。
神湊に行く前に、日の里団地にあるサニーに寄って船中での食料を調達し、神湊には午前6時過ぎに到着、船は午前7時前に港を出航しました。
CIMG5736.jpg


途中、筑前大島で船の燃料を補給した後、石鯛釣りのポイントに向かいました。
目指すは、今シーズン初めての石鯛釣りでバカバカ釣れたポイントであります。
CIMG5740.jpg

CIMG5741.jpg

この日は特に朝焼けが美しく、自然のみごとな輝きに思わずシャッターを切り続けた小生でありました。
CIMG5742.jpg

CIMG5743.jpg

CIMG5745.jpg

CIMG5746.jpg

CIMG5747.jpg

CIMG5748.jpg

CIMG5749.jpg

CIMG5750.jpg

CIMG5753.jpg


ポイントに到着して1時間ほど粘りましたが、たまにポツポツとアタリがあるだけでなかなか釣れません。
諦めて20分ほど離れた別のポイントに向かうことにしました。

そこでは釣り仲間の皆にアタリがあり、それぞれ10枚ほどの釣果をあげていたようです。
そして、潮の流れの加減で釣れなくなるとポイントを移動しながら3回目のポイントで30分ほど粘っていた時でした。
急に皆の竿に石鯛が釣れ出したのです。
あまりに釣れて餌のエビが無くなってしまい、午前12時半という早い時間に納竿となりました。


釣った魚を活き締めにしています。
このひと手間で魚の鮮度が格段に違うのでありますよ!
CIMG5757.jpg

CIMG5756.jpg

CIMG5758.jpg


さて釣果でありますが、釣り仲間から吉良さんはウマズラハギ釣りの名人になったねぇ!と からかわれるほど沢山のウマズラハギを釣った小生、数えてみたら何と26枚!
小さめの15枚はリリース、残りの11枚を持ち帰りました。

外道では、小鯛が2枚・ハマイサキ1枚・アラカブ1枚。

そして本命の石鯛は、サンバソウから1.2キロまで15枚を釣り上げましたよ!
釣り仲間の中では一番数が少なかったようですが、小生としてはまぁまぁの釣果と自負しております。

P1030729.jpg

P1030730.jpg

P1030732.jpg

P1030733.jpg

P1030734.jpg

やはり釣りほど楽しいものはないと確信、ますます魚釣りに情熱を燃やす小生であります。

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

プロフィール

2013年4月5日からの

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

リンク

テンプレート