2016/05/16

2016年5月14日(土曜日)

晴天であります。
きょうも石鯛釣りとなり、釣り船は午前5時半に神湊を出航です。

CIMG5975.jpg

CIMG5976.jpg

CIMG5977.jpg

CIMG5980.jpg

CIMG5982.jpg

CIMG5984.jpg

車で港に着いたときは凪(ナギ)と思ったのですが、玄海大島の西側を航行して島を過ぎた途端に北東の風が吹き荒れ凄い波が立っています。
それこそ釣りに出て大丈夫だろうかと思うほどの荒れようです。

それでも船は、前回最後に釣ったポイントを目指しました。
ポイントに到着するとすぐに釣り始めましたが、カワハギが少し釣れるだけで石鯛のアタリがありません。

風があまりにも強いため連子鯛釣りの漁場にも向かうこともできず、近場の石鯛のポイントを2~3ヶ所ほど廻りましたが何処も釣果は芳しくありません。

CIMG5985.jpg

CIMG5987.jpg

CIMG5988.jpg

CIMG5989.jpg

CIMG5990.jpg

北東の風を避けるために、玄海大島の西側のポイントに移動して釣り始めると、トモの真ん中で釣っていたHさんに大きなアタリがあって2キロを超える大物石鯛を上げました。
それから1時間ほどした頃、こんどは別の釣り人が3キロ弱の大物石鯛をゲットです。

風と波が弱まってくると、釣れなくなってきたポイントを後にして最初のポイントに戻り、気分を新たに釣り始めました。

アタリなのか根がかりなのか分からないほど微かな引きを感じて、思い切り引き上げると竿先がグッグッグッと海に引き込まれました。
石鯛だと確信した小生、時にリールから勢いよく吐き出される糸の先に掛かった石鯛の引きに耐え、また疲れた石鯛が動きを弱めた瞬間に緩んだ糸をリールに巻き戻すことを粘り強く繰り返し、とうとう念願叶って2キロの大物石鯛を釣り上げることができました。
そのあと続いて2.5キロの大物石鯛もゲット!
心ゆくまで釣りの醍醐味を堪能した小生であります。

久々の大物を仕留めた要因ですが、釣り仲間の多くが好んで使っている竿を中古釣り具店で新調したのが良かったのか、あるいは釣ったポジションが良かったのかは不明であります。

CIMG5974.jpg


午後1時半、釣り用の餌が無くなり納竿となりました。

P1040925_2016051614045683d.jpg

2.5キロの石鯛です。
小さなサンバソウと比べたかったのですが、石鯛の釣果はこの2枚だけでありました。
P1040929_20160516140459eb9.jpg

シーズンオフに近い この時期に大物の石鯛2キロと2.5キロの2枚も釣り上げることができ大満足の釣り日和でありました。

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

プロフィール

2013年4月5日からの

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

リンク

テンプレート