2016/07/28

2016年7月25日(月曜日)~26日(火曜日)

暑中お見舞い申し上げます
 CIMG6203_20160728110500653.jpg


前回は船酔いと低血糖症で非常な苦しみを体験した夜釣りだったのですが、今度は風も波も絶対に穏やかだという船長の言葉を信じて夜釣り行きを決断した小生であります。

25日の午後4時に神湊を出航。
途中の玄海大島で氷と燃料を調達しました。

CIMG6205.jpg

前回のブログで紹介した玄海大島にある巨大な漁船専用の製氷機です。
漁船の水槽に氷を流し込む太いホースが印象的であります。
CIMG6206.jpg

CIMG6207.jpg

CIMG6208.jpg

CIMG6210.jpg

CIMG6211.jpg

CIMG6212.jpg

準備が整うと、船は前回のポイントを目指して玄海大島の港をあとにしました。

CIMG6213_201607280957186b3.jpg

CIMG6214_20160728095719690.jpg

CIMG6215.jpg

午後7時前に大物釣りのポイントに到着です。
船のアンカーを打つとイカ釣りの仕掛けを作りながら日が暮れるのを待ちました。
CIMG6217.jpg

釣り仲間から「いま夕日がきれいよー 写真を撮ったらー」と言われて、思わず撮った夕景です。
いやー本当に美しい!
CIMG6218.jpg

CIMG6219.jpg

CIMG6220.jpg

遠くにボンヤリと小呂島(オロロシマ)も浮かんでいます。
CIMG6221.jpg

夏至を1ヶ月も過ぎると日が暮れ方もだいぶ早くなり、午後8時には集魚灯を焚いてイカ釣りを開始しました。

前回は午後9時頃から順調に釣れ出したイカですが、今回はなかなか釣れません。
夜中の12時くらいになっても まだ5~6枚のイカしか釣れていない小生でありました。
ところが船長が潮の加減からして大物釣りには今がちょうどいいと言うのです。

小生、腹を決めて数少ないイカを餌に大物釣りを開始しました。
皆、大物釣りの竿を出してアタリを待ったのですが、なかなか引きません。
なんと朝が明けて午前5時の納竿までにベテランの釣り仲間のほとんどがアタリ無しの状態でした。

ところが大物釣りでは一番下手な小生が、1.5キロから1キロのハマイサキ3枚、6キロのブリ1枚、2キロのヒラマサ1枚、2.5キロのヒラメ1枚を上げていたのです。

餌は船長から貰ったりして何とか凌いだ小生でありますが、他の人にはアタリが無かったのに対し、小生には10回ほどアタリがあったのがラッキーでしたね!

前回の大物釣りの酷い状態を神様が見ていて憐れんでくださったのかもしれません。
ありがたいことであります。神様に感謝!



P1050510.jpg

いつも魚を捌いてもらっている大和さん宅で、釣り上げたブリとヒラメの記念撮影!
夜通しの釣り明けですが、あまり疲れを感じず元気いっぱいの小生でありました。
P1050509.jpg

2.5キロのヒラメです。
このくらいのヒラメが一番旨いのだというのが大和さんの弁であります。
P1050507.jpg

ヒラメを裏返すと、みごとに白い肌が現れます。
P1050514.jpg

釣り上げた6キロのブリ、身体に横線が入った赤っぽい魚がハマイサキです。
P1050513.jpg

三枚におろし終わった魚たち。
P1050519.jpg
特にヒラメのエンガワの旨さは大和さんが言ったように絶品でありました。

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

プロフィール

2013年4月5日からの

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

リンク

テンプレート