FC2ブログ
2016/08/12

2016年8月10日(水曜日)~11日(木曜日)

午後3時半、神湊を出航して大物釣りであります。
途中、玄海大島を経由して氷と燃料の補給を行い、沖ノ島の沖合にある大物釣りのポイントに向かいました。

CIMG6253.jpg

CIMG6254.jpg

CIMG6255.jpg

CIMG6256.jpg

CIMG6257.jpg

CIMG6258.jpg

CIMG6259.jpg

CIMG6260.jpg

CIMG6262.jpg

CIMG6264.jpg

CIMG6265.jpg

CIMG6266.jpg

CIMG6268.jpg

目指すポイントは船長がもう5~6年は行っていないという場所で、そこには4~5キロのタカバが巣くっていたという秘密のポイントなのだそうであります。
そう話す船長自身も釣果に期待してワクワクすると同時に、本当に今でもそのタカバが潜んでいるのか心配な気持ちも重なり、もしかしたら釣れないかもと内心ドキドキしているようでした。

午後7時半になると集魚灯を焚いて餌のイカ釣りを開始しました。
CIMG6270.jpg

CIMG6271.jpg

CIMG6274.jpg

一時間ほどするとイカは順調に釣れ出しました。
今回、小生のポジションは一番後ろのトモであります。
この場所では午後9時過ぎくらいからアタリ始め、午後10時頃には餌に事欠かない30枚ほどのイカを釣り上げておりました。

午後11時になると、船長の合図で小生を含めたトモの釣り人に大物釣りのゴーサインが出て、その暫くあとに前方の釣り人にも大物釣りへのゴーサインが出されました。
皆、イカを釣りながら大物釣りの開始であります。

しかし、待てど暮らせど大物のアタリがありません。
そのかわりイカがバンバン釣れ出し6本のスッテに3~4枚は掛かってくるほどの大漁となりました。
しかも型が良く40センチもあるパラソル級のイカが掛かり、イカ釣りは本当に堪能させてもらいました。

前々回の大物釣りでは小生に10回もアタリがあったのに、今回はアタリゼロであります。
アタリがあった人でも1~2回、結果としては船長が釣れると踏んだ目論見が見事に外れ、釣れないかもしれないという心配が当たってしまいました。

またこの日は、大型のイカ釣り船がたくさん出ておりました。
大型のイカ釣り船が近くにいたらその船から1.6キロ離れないとイカリを打ち込めないという漁協の決まりがあるため、船長がイカリを打ちたいポイントに思うようにつくことができなかったこともアタリが無かった要因のひとつかもしれません。

今年は酷暑!
厳しい日照りが続いているのでイカは釣れないと諦めていた小生ですが、60~70枚も釣り上げることができました。
その代り、大物はゼロであります。
船全体でも大物は3~4キロのヒラマサとスズキの2枚だけでした。
大物のアタリがこんなに無い釣りは初めてであります。

ただ良かったことは船酔いが無かったことです。
前々回は生まれて初めての船酔いに苦しんだ小生、そのトラウマで今回も酔うのではないかと買っておいた酔い止め薬を飲んだ効果か、まったく酔うことなく釣りに専念できました。

釣り上げたイカは、傘袋に入れて持ち帰ります。
こうすると新鮮さを保つことができ、袋のまま冷凍保存すると一年以上もつ有難い食材なのであります。
奥のほうにあるのがパラレル級のイカなのですが分かりにくいかな!
P1050606.jpg

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

プロフィール

2013年4月5日からの

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

リンク

テンプレート