FC2ブログ
2017/06/16

2017年6月15日(木曜日)

午前2時半に起床、神湊に到着しても辺りは真っ暗であります。
そしてまだ暗い午前4時過ぎ、釣りバカを自称する面々を乗せた船は静かに出航しました。

DSCN6804.jpg


約30分かけてイサキ釣りのポイントに向かいます。
ポイントに到着した頃には辺りもようやく明るくなりました。
DSCN6806.jpg

DSCN6807.jpg

DSCN6808.jpg

DSCN6809.jpg

きょうは天気も良く波も穏やかであります。
…ということは絶好の釣り日和!
はやる気持ちを押さえきれない小生でありました。


早速釣りを開始しましたが、前回のように入れ食い状態になることは一度もなく、釣れるイサキもみな小さめで、大きなイサキがダブルで掛かることもありませんでした。
何度かポイントを変えましたが、何処でも同じでありまして、小ぶりなイサキがポツポツ釣れるだけでした。


昼頃になって波が荒くなると、寄る年波には逆らえず弱くなった足腰が悲鳴をあげ、甲板の上でどっしり踏ん張ることができず、戦意も喪失!
そうなると更に釣果は伸びず、午後1時半に納竿と相成りました。

しかし、小生の息子のような若い釣り仲間は、波が荒くても甲板の上をぴょんぴょん飛びまわりながら器用に大きなイサキをあげていましたよ!
若さというものは いいもんですなー。
きっと若い彼もいつか辿る道!
小生のように失って気づく年代になったとき、ぴょんぴょん跳ねていた時代をきっと懐かしむことでありましょう。


<本日の釣果>
200グラム~800グラム イサキ 18枚
ウマズラハギ 6枚

P1060488.jpg

P1060489.jpg

P1060490.jpg

P1060495.jpg

ウマズラハギの肝です。
生でもOKですがボイルした肝を醤油に溶いて刺身を食べると最高です!
P1060496.jpg

今シーズン最後のイサキ釣りは思ったほどではありませんでした。
もっと釣るためにはイサキがいる棚のとり方を いかに体得できるかが今後の課題であります。
これからも体力をつけて、来シーズンのイサキ釣りも頑張りたいと思います。

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

プロフィール

2013年4月5日からの

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

リンク

テンプレート